×CLOSE

ヴィーガンとは、動物の命や環境への影響を配慮したライフスタイル。

しかし、その選択は、これまでの食生活との差が生じることによって、栄養面で少し注意すべき点があることも。

特に、DHAやEPAのような必須脂肪酸は、健康面で非常に重要な成分です。
しかし、一般的には魚などの海産物から得る栄養素というイメージがあり、ヴィーガンの方々にとっては摂取が難しい栄養素の一つだと言われています。DHA、EPAは私たちの脳、目、心臓、母乳、血液など全身に存在する成分であり、健康維持にとっては必要不可欠であります。これらは体内で作ることができないため、食事から摂取するしか方法はないのです。
その中、NASAの研究で、藻から抽出したDHA・EPAを抽出し、摂取することが可能であるとわかりました。
というのも、魚も私たち同様、DHA・EPAを体内で作ることができなく「藻」から摂取していたのです。

植物由来DHAの特徴

1. 環境に優しい選択

まずはなんと言っても、環境負荷が少ないことです。

一般的に、魚由来のDHA・EPAは魚を原料としており、現在、海洋資源の過剰な利用は、海洋生態系に大きな負担をかけています。
その一方で、藻から抽出したDHA・EPAは、海洋生態系に負担をかけることなく培養した藻を使用しているため海洋資源を壊すことなく成分を抽出しているので、サスティナブルな選択であるといえます。

2. DHA・EPAの酸化が魚よりしにくい

DHA・EPAは「脂」のため、非常に酸化しやすい成分であります。
しかし、「藻」から抽出されるDHA・EPAは培養から抽出まで非常に厳格な管理方法の元、製造しているため、酸化の度合いがほとんどないようです。より純度にこだわった水抽出方法と酸化を極力防ぐために、遮光ボトルに充填し、-20度で保管しているためです。これらの方法はコストが莫大にかかることもあり、日本のメーカーではほとんど扱うところは少ないようです。

3. アレルギー・安全性の心配が少ない

ヴィーガンの方々だけでなく、魚や豚(ゼラチン)のアレルギーのある人でも安心してDHAを摂取できる点も、植物由来DHAと植物性カプセルの大きな利点です。タンクで培養した藻を使用している製造方法は地下水を利用しているため海洋問題(水銀、プラスティック、汚染など)の影響も受けません。

(KYOTOVEGAN 調べ)

 

 

もっと詳しく知りたい

 

KYOTOVEGANメンバーズに、100%植物由来のDHA&EPAのサプリメントを開発された会社があります。若き開発者の柏崎さんに、藻由来のDHAについて詳しくインタビューをしましたので、是非お聞きください。メディアで伝えきれない(られない?)サプリの裏側のお話もこっそりと、、、。

stand.fm KYOTOVEGANチャネル「植物由来のサプリ VE SUPPLI」編

 

 

 

 

VE SUPPLI を発売する、柏崎さんの ホームページ と インスタグラム

3/25 よりMakuakeにて販売されます。

 

 

 

ヴィーガンのライフスタイルを含め、その他のライフスタイルについても、今までは妥協していたことや諦めていた事が、このような日々の開発や研究によって一つずつ解消されていくのでしょう。

その可能性がとても楽しみです。

SHARE

一覧へ戻る